おたまじゃくしとめだかたち

季節ごとの餌の与え方

 季節ごとに餌の与え方も違ってきます

 めだかが活発に活動する温度は、25℃~28℃位です。

 その時は、水中を元気に泳ぎ回り、産卵もたくさんします。

 夏場の活発な時期は、朝・昼・夕3回か、少なくとも朝・夕の2回与えます。

 春先や、少しづつ水温が下がっていく秋頃は、地方によって異なりますが、様子をみながら回数を減らし、一日一回与えたらと思います。

 冬のめだかへの餌の与え方は?

 寒くなりますと屋外飼育では、底であまり動かず、活動もあまりしなくなります。

▼ めだかたちは底の方でじっと沈んでいます。


底でじっとしているめだかたち

 

 基本的には餌は与えなくてよいと思います。

 しかし、日によって冬でも日が射してあたたかく、気温が上がればめだかが餌を欲しがり、水面に上がってきます。


冬に餌を食べるめだかたち

 そういった時は、ほの少し、食べきれる位の餌を与えたらと思います。

 餌が残ってしまうと、水質が悪化してしまいますので、餌が残る場合はすくってあげましょう。
 


最新投稿

  • カエルの卵を手ですくってみる

    おたまじゃくしとめだかたち

    めだかの水槽にカエルが卵を生んだ時  めだかを飼育していると、水槽の中でいろんな生き物と共同生活をする時があります。  カエルもその中のひとつです。  めだかの水槽にいつの間にか、カエルが卵を産んでしまいます。  画像の …

  • めだか飼育の水量は?

    小さい時のめだかの色合いは?

    大きくなるにつれてのめだかの様子  めだかは、品種によりいろんな色合いのめだかたちが、たくさんいます。  色が赤いもの、白いもの、光っているもの等、たくさんの特徴を持った品種がいます。  楊貴妃めだかなどは、成魚になって …

  • 同じ日に生まれためだか

    稚魚の成長具合

    稚魚たちにスムーズに成長してもらうためには?  稚魚の成長する段階は、それぞれ違います。  同じ日に生まれて、同じ容器の中でも、早く成長する稚魚もいますし、なかなか、成長しきれない稚魚もいます。  早く成長した稚魚は、小 …

  • 真夏

    めだかも心配 人も心配熱中症

    熱中症対策  夏は、当たり前かもしれませんが、なにしろ暑いです。    晴れ渡る青空の中、めだかたちも暑い夏を乗り越えようとがんばっています。  人もそれにこたえて、めだかたちのために、お世話に勤しみます。   …