おたまじゃくしとめだかたち

夏のめだか飼育容器の水温

夏場はめだかの水温に十分気をつけましょう

 8月ともなりますと、もちろんですが、とても暑いです。

 めだか飼育で、ハウスを立て、たくさんのめだかを飼育なさっている方も、多くいらっしゃると思いますが、夏場のハウスの中での仕事はとても大変です。

▼ 朝の10時ごろの、ハウスの中の温度計です。

 すでに、40℃位になっていますね。


温度計

 我が家のハウスでは、お昼すぎますと、また温度が上がり、42~43℃になっています。

▼ こちらは、外で寒冷紗等を使用しない容器で、水温を図ってみます。

 午後の2~3時頃の水温を見てみます。


水温計で水温を図る

 

▼ 40℃超えてしまいましたね。


水温をはかる

めだかたちのために水温はどれくらいがよいか考えてみましょう

 めだか飼育で、よく聞くことが、

「めだかは40℃とか42℃とかまで大丈夫だから・・・」。

 とおっしゃる方もいらっしゃいますが、めだかも水の表面は水温が高いので、なるべく水温の低い底の方に沈んで、暑さをしのいでいるようです。

 人でも、40℃で生活は出来ますが、とてもつらく、疲れますし、熱中症などの症状も引き起こしてしまいます。

 もちろん、めだかにも水温の【適温】というものがあるように思います。

▼ 屋外で、めだかを飼育する場合には、寒冷紗やすだれなど、直射日光を防ぎ、水温の上がりすぎには十分に気をつけてあげましょう。

めだかの寒冷紗

 あまりに水温が上がりすぎると、めだかの命にかかわり、めだかたちが煮えてしまいます。

▼ こうやって、高さをつけて、遮光してあげるのも良いと思います。


全体的に寒冷紗をはる

 寒冷紗をつけても安心せずに、特に日中、温度が急激に上がった時など、水温を図ってチェックすることも忘れないようにしましょう。


最新投稿

  • カエルの卵を手ですくってみる

    おたまじゃくしとめだかたち

    めだかの水槽にカエルが卵を生んだ時  めだかを飼育していると、水槽の中でいろんな生き物と共同生活をする時があります。  カエルもその中のひとつです。  めだかの水槽にいつの間にか、カエルが卵を産んでしまいます。  画像の …

  • めだか飼育の水量は?

    小さい時のめだかの色合いは?

    大きくなるにつれてのめだかの様子  めだかは、品種によりいろんな色合いのめだかたちが、たくさんいます。  色が赤いもの、白いもの、光っているもの等、たくさんの特徴を持った品種がいます。  楊貴妃めだかなどは、成魚になって …

  • 同じ日に生まれためだか

    稚魚の成長具合

    稚魚たちにスムーズに成長してもらうためには?  稚魚の成長する段階は、それぞれ違います。  同じ日に生まれて、同じ容器の中でも、早く成長する稚魚もいますし、なかなか、成長しきれない稚魚もいます。  早く成長した稚魚は、小 …

  • 真夏

    めだかも心配 人も心配熱中症

    熱中症対策  夏は、当たり前かもしれませんが、なにしろ暑いです。    晴れ渡る青空の中、めだかたちも暑い夏を乗り越えようとがんばっています。  人もそれにこたえて、めだかたちのために、お世話に勤しみます。   …