おたまじゃくしとめだかたち

保護色とは?

保護色の意味は?

 保護色という言葉は、よく聞きなれた言葉だと思います。

 めだかの本やインターネットで見ていても、その言葉をよく見かけることがあると思います。

 

 保護色とは、外敵から身を守るために、自分の体の色と似た色合いの場所に身をひそめ、外敵から見つかりにくくすることです。

 周囲から目立たなくするための、体色や模様のことをいうようです。

 また、逆に、捕食する相手に見つからないように、自分の体に似た色合いの場所に体をおき、捕食する生き物に油断をさせ、側に来た時にいきなり襲いかかったりします。

 カエルや魚のカレイなどはもちろん、めだかも保護色があります。


カエルの保護色

 カメレオンなどは、周囲の色に合わせて、体の体色を変化させてしまう、大変高度なテクニックを見せてくれるものもいます。

 

 めだかの場合は、黒いめだかを白い容器に入れてみますと、白めだかに変化するのではなく、周囲の環境に合わせて体色が薄くなったり濃くなったりするようです。

 黒っぽいめだかを、白い容器に入れてみますと、数分で体色の変化があらわれ、白っぽくみえます。

 黒の容器と白の容器を2つ用意して、めだかを入れて見てみると、その違いが明らかにわかると思います。

 めだかの色を鮮明に表したいときは、特に色の濃いめだかは、黒いっぽい容器で飼育するとよいと思います。


最新投稿

  • カエルの卵を手ですくってみる

    おたまじゃくしとめだかたち

    めだかの水槽にカエルが卵を生んだ時  めだかを飼育していると、水槽の中でいろんな生き物と共同生活をする時があります。  カエルもその中のひとつです。  めだかの水槽にいつの間にか、カエルが卵を産んでしまいます。  画像の …

  • めだか飼育の水量は?

    小さい時のめだかの色合いは?

    大きくなるにつれてのめだかの様子  めだかは、品種によりいろんな色合いのめだかたちが、たくさんいます。  色が赤いもの、白いもの、光っているもの等、たくさんの特徴を持った品種がいます。  楊貴妃めだかなどは、成魚になって …

  • 同じ日に生まれためだか

    稚魚の成長具合

    稚魚たちにスムーズに成長してもらうためには?  稚魚の成長する段階は、それぞれ違います。  同じ日に生まれて、同じ容器の中でも、早く成長する稚魚もいますし、なかなか、成長しきれない稚魚もいます。  早く成長した稚魚は、小 …

  • 真夏

    めだかも心配 人も心配熱中症

    熱中症対策  夏は、当たり前かもしれませんが、なにしろ暑いです。    晴れ渡る青空の中、めだかたちも暑い夏を乗り越えようとがんばっています。  人もそれにこたえて、めだかたちのために、お世話に勤しみます。   …