おたまじゃくしとめだかたち

めだかの色あげ

やさしい色上げ方法

 楊貴妃めだかなどを飼育される場合、

「めだかの色がもっと濃く赤くならないだろうか・・・」

 と思われる方は多いと思います。

 ここでは、やさしく、案外、気にされていない色あげ方法をご紹介したいと思います。

 

 めだかを飼育する際にとても大切なことは、【日当たり】ということを忘れないようにしましょう。

 めだかが日当たりの良いところで育てた方が、めだかの体調も良いと思います。

 色上げということでは、持っている色合いを最大限まであらわすことも出来ると思います。

 何を言っても、めだかの血統が第一でありますが、エサの種類で、赤みを濃くすることが出来るようですが、日光に当てるということは、めだかの特徴を引き出すことが出来ると思います。


楊貴妃半ダルマ

 先日、わたしの知人が、我が家で同じ場所で生まれ、同じに育った楊貴妃めだかを持って帰られたのですが、数ヶ月たって、お互いの兄弟めだかを見てみますと、わたしが飼育しているめだかの方が、断然赤みが濃く、知人のめだかは薄い色合いになっていました。

 わたしは屋外飼育で、日当たりの良い場所で飼育していますが、知人は、屋内飼育で、日の当たらない部屋の中で育てていたようです。

色上げの注意点は?

 日当てにつきましては、一年を通して、その季節により考えなければなりません。

 特に夏場は、水温が猛烈に上がり、めだかが煮えてしまいます。

 夏場は、寒冷紗などを覆い、水温を考えながら管理することが一番大切です。

 めだかのために、上手に住みよい環境を作ってあげましょう。


最新投稿

  • カエルの卵を手ですくってみる

    おたまじゃくしとめだかたち

    めだかの水槽にカエルが卵を生んだ時  めだかを飼育していると、水槽の中でいろんな生き物と共同生活をする時があります。  カエルもその中のひとつです。  めだかの水槽にいつの間にか、カエルが卵を産んでしまいます。  画像の …

  • めだか飼育の水量は?

    小さい時のめだかの色合いは?

    大きくなるにつれてのめだかの様子  めだかは、品種によりいろんな色合いのめだかたちが、たくさんいます。  色が赤いもの、白いもの、光っているもの等、たくさんの特徴を持った品種がいます。  楊貴妃めだかなどは、成魚になって …

  • 同じ日に生まれためだか

    稚魚の成長具合

    稚魚たちにスムーズに成長してもらうためには?  稚魚の成長する段階は、それぞれ違います。  同じ日に生まれて、同じ容器の中でも、早く成長する稚魚もいますし、なかなか、成長しきれない稚魚もいます。  早く成長した稚魚は、小 …

  • 真夏

    めだかも心配 人も心配熱中症

    熱中症対策  夏は、当たり前かもしれませんが、なにしろ暑いです。    晴れ渡る青空の中、めだかたちも暑い夏を乗り越えようとがんばっています。  人もそれにこたえて、めだかたちのために、お世話に勤しみます。   …