おたまじゃくしとめだかたち

卵の白カビについて

めだかの卵の白カビについて

 卵の孵化の日数は、水温によって変わって来ますが、一週間ほどで孵化してしまう時もあれば、10日以上かかる時もあります。

 水温が24℃~26℃位ですと、大体一週間から10日位で孵化するようです。

 水温が低いと、卵が孵化するのに時間がかかってしまいますが、その間に、成長しきれずお星さまになってしまって、カビが生えてしまいます。

 

▼ めだかの卵に白カビがはえた状態です。


めだか卵の白カビ

 

 一般的に無精卵の卵は、白っぽく透明度がなく、すぐにカビが生えてしまいます。

 また、成長段階で死んでしまった卵にも同じような状態になります。

 カビが生えた卵は、近くにある有精卵の卵にまで、うつってしまうことがありますので、白く濁った卵や、カビが生えてしまったものは、外した方がよいのではと思います。
 


最新投稿

  • カエルの卵を手ですくってみる

    おたまじゃくしとめだかたち

    めだかの水槽にカエルが卵を生んだ時  めだかを飼育していると、水槽の中でいろんな生き物と共同生活をする時があります。  カエルもその中のひとつです。  めだかの水槽にいつの間にか、カエルが卵を産んでしまいます。  画像の …

  • めだか飼育の水量は?

    小さい時のめだかの色合いは?

    大きくなるにつれてのめだかの様子  めだかは、品種によりいろんな色合いのめだかたちが、たくさんいます。  色が赤いもの、白いもの、光っているもの等、たくさんの特徴を持った品種がいます。  楊貴妃めだかなどは、成魚になって …

  • 同じ日に生まれためだか

    稚魚の成長具合

    稚魚たちにスムーズに成長してもらうためには?  稚魚の成長する段階は、それぞれ違います。  同じ日に生まれて、同じ容器の中でも、早く成長する稚魚もいますし、なかなか、成長しきれない稚魚もいます。  早く成長した稚魚は、小 …

  • 真夏

    めだかも心配 人も心配熱中症

    熱中症対策  夏は、当たり前かもしれませんが、なにしろ暑いです。    晴れ渡る青空の中、めだかたちも暑い夏を乗り越えようとがんばっています。  人もそれにこたえて、めだかたちのために、お世話に勤しみます。   …